伊勢山皇大神宮

横浜の総鎮守

みなとみらいのある桜木町駅。

そのみなとみらいとは反対側に出て、野毛の小高い丘を上ると大きな鳥居等が現れます。

大勢の人がいたため、鳥居の写真はあきらめました…。

鳥居をくぐり階段を上がって行くと、またまた大きな鳥居が!

そして左手には手水舎がありました。

柄杓なしです。

本殿

そして、雄大な社殿と厳かな神気が出迎えてくれます。

創建は明治3年だそうです。

思ったより古くないですが、横浜が発展した歴史を考えると納得です。

御祭神は天照皇大神。

拝殿に立つと、雄大な何かに包まれるような気持ちになります。

感謝と祈りを捧げると、

白い御帳(みとばり)がふわ~っと舞い上がりました!

ありがとうございます。

御帳という白い大きな布が風でめくれあがると、願いを聞き入れていただけてるサインなのだそうです。

ありがたいことでございます。

境内社

続いては境内社へのご挨拶。

大神神社はあったのですが、子神社が整備をおこなうらしく、拝殿の横に移されてました。

やべっ、気づかなかった…と急いで戻り、感謝と祈りを。

社務所

一通りご挨拶を終えたところで、社務所へ。

社務所は本殿の右手にあります。

数種類ありましたが、巫女さんが舞ってる絵を選びました。

そして、お守り。

その後

カラスが2羽飛び交い、モンシロチョウが近くを移動していました。

カラス、モンシロチョウ共に縁起がよいそうです。

ありがとうございます。

最後にふら~っと一周して、よい気をさらに浴びて、伊勢山皇大神宮をあとにしました。

成田山新勝寺 横浜別院

徒歩3分ほどの場所に、成田山新勝寺横浜別院があります。

仏教に関しては勉強不足なものでして…

手を合わせて感謝とご挨拶をして、「仏様の勉強もしたいなあ…」と思いながら仏像を眺めてお寺をあとにしました。

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました